(イメージです。)

1::2022/07/02(土)10:26:01.36ID:Etz5zqRa0●.net

ISW論評
https://www.understandingwar.org/backgrounder/russian-offensive-campaign-assessment-july-1

クレムリンは、ウク.ライナでの戦争の長期化に備えて、ロ.シア経済の暗号機動化の条件を整えているようだ。

クレムリンは6月30日、ロ.シア軍の供給問題に関する連邦法の修正案をロ.シア下院に提案し、ロ.シア企業(所有権に関係なく)にロ.シアの特殊軍事作戦と対テロ作戦の供給を義務付ける「経済分野における特別措置」を導入することにした。修正案はロ.シア企業が特殊軍事作戦の国家命令を拒否することを禁止し、労働者に夜間または連邦休日に働くことを強要するなど、クレムリンが従業員契約と労働条件を変更できるようにするものであった。

クレムリンは修正案の説明で、現在進行中のウク.ライナでの特別軍事作戦が供給不足、特に軍備の修理に必要な資材不足を露呈したと指摘し、ロ.シア当局が"経済の特定部門に努力を集中する"必要があると述べている。ロ.シアのプーチ.ン大統領は、進行中の戦争を維持するためにロ.シアの経済と産業を動員しているようだが、それと並行してロ.シアの労働力を大規模に動員する措置はまだ取っていない。