(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2022/05/26(木)08:19:20ID:CAP_USER.net
2022年05月25日、『韓国銀行』が、2022年第1四半期時点での「International InvestmentPosition」(対外資産負債残高:略称「IIP」)を公表しました。

IIPは非常に重要なデータです。

(中略)

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「対外資産負債残高(2022年第1四半期)」


(中略)


コロナ禍でお金を調達しなければならなかったとはいえ、この対外負債の増加は異常です。文在寅前大統領は、その5年の治世で政府の対外債務をほぼ倍に増やしたのです。

(中略)


(中略)韓国政府だけ取り出してみると、以下のように対外純債権(NET)はマイナス。

対外債権: 452億ドル
対外債務:1,517億ドル
対外純債権:-1,065億ドル

つまり、外国が韓国政府から取り立てる金額の方が多いのです。

対外債務を返済できない、あるいは借り換え(ロールオ-バー)できないとなれば「世界はそれをデフォルトと呼ぶんだぜ」ですが、『韓国銀行』が以下のとおり、対外純債権で真っ黒なのです。

対外債権:4,591億ドル
対外債務: 431億ドル
対外純債権:4,160億ドル

ですので、韓国は大丈夫ということになっています。まあ本当にあれば――ですが。


(吉田ハンチング@dcp)

https://money1.jp/archives/81105