(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2022/06/13(月)09:24:44.05ID:CAP_USER.net
黄善洪(ファン・ソンホン)監督率いる23歳以下(U-23)サッカー韓国代表チームが年齢別韓日戦で最悪の試合をした。U-21(21歳以下)の選手が主軸になった日本に3点差で完敗した。

韓国は12日、ウズベキスタンのタシケントで行われた日本と2022アジアサッカー連盟(AFC)U-23アジアカップ準々決勝で終始一貫して主導権を渡して苦戦した末に0-3で負けた。韓国のU-23歳代表チームが韓日戦で3ゴール差以上で破れたのは1999年9月に東京で行われた親善試合で1-4で敗れてから23年ぶりだ。

韓日戦ではめったに使われない「一方的」という修飾語が似合う完敗だった。韓国は前半20分に先制失点した。アーク外郭周辺でのファールで与えたフリーキックのチャンスで鈴木唯人の右シュートが守備の壁に当たり角度が変わりゴールポスト内に吸い込まれていった。

その後も韓国はこれといった反転の契機を作ることができなかった。前半終了間際に何度も失点の危機を許したが、守備のキム・ヒョンウとゴールキーパーのミン・ソンジュンの肉弾防御が続き追加失点なく終えた。

前半に8本のシュートを許したが、そのうちの5本がゴールポスト内に飛び込んだ有効シュートだった。1失点で防いだのはむしろ幸いな状況だった。韓国のシュートは2本だけで有効シュートはなかった。

両チームとも積極的な選手交代で雰囲気を変えた中で、日本が後半20分に追加点を入れた。先制ゴールを入れた鈴木唯人の強力なシュートをゴールキーパーのミン・ソンジュンが指先で振り払うと攻撃手の細谷真大が飛び込みシュートして得点した。日本は後半35分に鈴木唯人が速攻で韓国守備陣をかわした後冷静な左シュートで決めたゴールを加えスコアを3点差まで広げた。

韓国はイ・ガンイン、オ・セフン、チェ・ジュン、チョ・ヨンウクら2019年の20歳以下国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ準優勝メンバー数人が出たが、日本選手らの強い圧迫と精巧なパスワークに苦戦した。さらに相手チームの日本は2024年パリ五輪を念頭に21歳以下の選手を主軸に構成したチームだった。出場選手の中には2004年生まれもいた。

90分間のシュート数は12-15で同水準だったが、有効シュート数で韓国が2-9で大きく差を付けられた。激しい揉みあいを拒まない闘志も、繊細で精巧なパスも日本選手が優位にあった。戦略的にも流れを変えられるほどの監督の果敢な決断は目立たなかった。すべての面で弁解の余地のない、そのためさらに見るに堪えない完敗だった。

韓国を破りベスト4に入った日本は開催国ウズベキスタンを相手に決勝進出を争う。


https://japanese.joins.com/JArticle/292034?servcode=600§code=610