1:2015/01/22(木) 23:24:07.80 ID:
縄文時代の「アクセサリー」盗まれる 群馬で展示中(01/22 18:25)

 群馬県渋川市で、遺跡から発掘されて展示中だった縄文時代の翡翠(ひすい)が何者かに盗まれていたことが分かりました。

 群馬県によりますと、先月26日、渋川市の埋蔵文化財調査センターに展示されていた翡翠3点、時価300万円相当が盗まれているのを職員が気付きました。

翡翠は、縄文時代中期にアクセサリーとして使われていたものとみられ、県内の遺跡で発掘された後、アクリル製のケースに入れて展示していました。見学者がケースの中に手を入れて翡翠を触ることは可能で、防犯カメラには、何者かがケースに覆いかぶさるように不審な動きをする様子が映っていたということです。

警察は、窃盗事件として防犯カメラの解析などを進めています。
 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000042986.html

縄文時代の翡翠ペンダント盗難か
http://www.hochi.co.jp/topics/20150122-OHT1T50149.html
群馬県文化財発掘情報館:縄文ヒスイ「大珠」3点盗まれる
http://mainichi.jp/select/news/20150123k0000m040063000c.html
0491d9e8.jpg