(イメージです。)
 
1::2022/05/22(日)20:34:21.22ID:BfTZpKkJ0.net[1/2]

「片目しか見えない」障害者も戦場に? ロ.シアの“兵不足”
5/22(日) 18:10

 ウク.ライナ軍の反転攻勢でロ.シア軍で兵士の不足も伝えられているなか、ウク.ライナの当局はロ.シアが不足する兵士を補うために障害者を戦場に送り込んでいると伝えました。

(中略)

 こうしたなか、ロ.シア軍にある疑惑が浮上しています。

 ウク.ライナ保安庁が公開した捕虜になったロ.シア兵です。

 捕虜になったロ.シア兵:「私は身体障害者です。私は視力が悪く、幼いころから片目しか見えない」

 身体障害者だという男性は、なぜ兵士になったのでしょうか…。

 捕虜になったロ.シア兵:「いつも通り仕事に出掛けたら突然、軍の担当者が来て身分証明書を見せるように言われた。そこで『徴兵する』と言われた。バスに乗るように指示され、軍服とヘルメットをもらえたが防護服は一切もらえていない」

 さらに、戦地のウク.ライナに来てから驚かされたことがあったといいます。

 捕虜になったロ.シア兵:「(ドネツク州)ノボアゾフスクでまひなどの他の障害を持つ人をたくさん見た。全員、徴兵されて来た。私は怖くて地下室に避難していた。ウク.ライナ軍を見て無抵抗で捕虜になることを決めた」「私は頭蓋骨のけがをしていて、脳の動きに問題がある」

 イギリス国防省によりますと、ロ.シア軍の死者数は約1万5000人に上るとしています。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ee5f75805b6e38c35cd342acd81334a5f1cdd5


=管理人補足=
「片目しか見えない」障害者も戦場に? ロ.シアの“兵不足”(2022年5月22日)
2022/05/22
ANNnewsCH