(イメージです。)
 
1::2022/05/16(月)08:26:08.04ID:Hlw6Wep/0●.net

Russian ambassador to US hints at split in the Kremlin over Ukrainewar: Hardline diplomat implies some Moscow officials want to pullback invading troops and 'repent'
https://www.dailymail.co.uk/news/article-10818047/temp.html

駐米ロ.シ.ア大使は、プー.チ.ンのウク.ライナ侵攻を巡るロ.シ.ア政府内の分裂を示唆する発言をしました。

アナトリ―・アントノフ大使は、ロ.シ.ア国営テレビで、米国がロ.シ.アに対して、熾烈な戦争を止めるための交渉条件を密かに提示していると述べました。

これは、ロ.シ.ア軍がキーウ地域での作戦失敗による戦略変更に続いて、ウク.ライナ東部への侵攻推進でも明確な失敗に陥った最中でのものです。

アントノフ(67)は、自身は異なると強調しつつも、ロ.シ.ア政府の権力構造内の一部が戦いをあきらめ、軍を撤退させ、さらには「悔い改め」る準備さえできていることを示唆しました。

強硬派とされるアントノフは、次のように語りました。「米国は我々に対して、一定の条件のもとで交渉を行うよう要求している。」

「それら条件のうち3つを挙げる」「まず、特別軍事作戦による軍事行動を停止すること。第二に、私たちの軍隊を2月24日以前の場所に戻すこと。 三つ目は、我々がしたことすべてを悔い改めること」と言いました。

アントノフはロ.シ.アの国家テレビキャスター、ウラジーミル・ソロビョフに対してこう述べました。「当然だが、我々は堅固かつ明確に言う。疑いなく確信しているが、少なくともここで働くロ.シ.ア外交官の中では、そのような降参はありえない。絶対にだ。」

「私たちは、最高司令官によって設定されたすべての目標が完全に達成されることを確信している。この確信がなければ、より困難だっただろう。私たちは決して降伏せず、決して後戻りすることはない。」

アントノフは、「少なくともここで働くロ.シ.ア外交官の中では」と言うことで、他には「降伏なし」のメッセージに確信が持てない者がいることをほのめかしているように見えます。