(イメージです。)
 
1::2022/05/16(月)07:47:33.91ID:16j9h6Fq0●.netPLT(27000)

2022年5月12日、韓国・毎日新聞によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の国政課題に関する具体的な履行計画などが盛り込まれた機密文書が丸ごと流出し、物議を醸している。

記事によると、韓国のオンライン掲示板に11日、「国政課題履行計画書」と題するPDF文書が投稿された。これは大統領職引き継ぎ委員会が4月に作成した合計1170ページから成る文書で、各ページに「対外秘」という文言も記載されているという。

この文書には国政課題に関する110項目の概要や計画案などが盛り込まれており、実際に大統領職引き継ぎ委員会が作成したものに間違いないという。機密文書が丸ごと流出したという事実を受け、大統領職引き継ぎ委員会や大統領室のセキュリティーが不十分だという批判が殺到している。

しかし大統領室の関係者は、「この文書は最終版ではなく、引き継ぎ委員会内で修正作業を進める中で流出した未完成のデータ」と主張。最終版については流出したものの内容から大幅に変更されていると説明している。

記事は、「大統領職引き継ぎ委員会は過去2カ月間、情報セキュリティーに細心の注意を払ってきたというが、文書の流出事件は今回が初めてではない」と報道。3日にも尹大統領が報告を受ける前に、「尹錫悦政権110代国政課題」というタイトルの文書がオンライン上に出回っていたという。


この記事を見た韓国のネットユーザーからは、

「あり得ない」
「内部にスパイがいるんじゃ?」
「流出させた犯人をつかまえて」
「職員の身元を徹底的に調べ直した方がいい」
「最終版じゃないからいいという問題じゃないでしょ」
「国政履行に対する厳重さと責任感の欠如」
「国民と疎通するためにわざと流したの?」

など、批判的なコメントが相次いでいる。


(翻訳・編集/丸山)
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-1628738/