経済 貿易 
(イメージです。)


1
:2015/01/20(火) 12:49:06.74 ID:
【ソウル聯合ニュース】

 韓国鉄鋼協会は20日までに、昨年韓国が輸入した中国製鋼材を1340万トンと集計した。前年に比べ34.9%急増し、6年ぶりの高水準となった。2008年(1431万トン)は韓国で供給が足りず輸入量が多かった。

 一方、日本からの鋼材輸入は731万トンで、前年比5.3%減少した。

 鉄鋼協会は中国製の輸入急増について、韓国の需要増によるものではなく、中国での供給過剰や増値税(消費税に近い付加価値税)還付政策の悪用など、中国側の要因と説明した。中国経済の減速で鉄鋼需要が急減し、過剰生産された鋼材が輸入に回され、韓国に安価な製品が流れ込んでいる。

 昨年の韓国の鉄鋼輸入量は暫定集計で前年比17.3%増の2274万トンだった。1~11月の国内需要に対する輸入の割合は40.9%と、2013年に比べ3.4ポイント上昇した。

 鉄鋼協会によると、2013年の輸入鋼材の割合は米国が31.7%、日本が8.3%、中国が2.1%だった。これらに比べると、韓国の輸入鋼材の割合は正常な範囲を超える高さと指摘した。

 協会関係者は「中国製の安価な製品が押し寄せ、韓国鉄鋼業界の危機感が高まっている」と話した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/01/20/0200000000AJP20150120001400882.HTML