株式市場 経済 
(イメージです。)


1
:2015/01/20(火) 00:06:55.75 ID:
 (ブルームバーグ)

 中国株式市場では上海総合指数が約6年半ぶりの大幅安となった。記録的な高水準となっていた信用取引融資の抑制に当局が動き、投機的取引を膨らませてきた一部投資家の資金が流出するとの懸念が広がった。

 上海総合指数 は前週末比7.7%安の3116.35と、2008年6月以来の大きな下げで引けた。同国の上場証券大手2社である中信(CITIC)証券 (600030 CH)と海通証券(600837 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%安。中国証券監督管理委員会(証監会)が両社などに対し株取引の新規顧客への融資停止処分を下した。同指数構成銘柄の上昇・下落の比率は約1対9だった。100社余りが値幅制限いっぱいの下げとなった。

 証監会による今回の処分は、信用取引の買い残急増を当局が抑制しようとしているとの懸念を生んだ。信用取引向け融資残高は13日時点で1兆800億元(約20兆4000億円)に増加。昨年6月末は約4000億元だった。個人投資家の積極的な売買を受け、上海総合指数 は先週までの過去1年で67%上昇した。

 交銀国際の洪灝ストラテジスト(香港在勤)は「当局は株価上昇の勢いとペースの速さを懸念している」と指摘。「信用取引融資は投資家が証券株に強気になってきた理由の一つ。これらの銘柄は特に勢いよく上昇していた」と述べた。

 CSI300指数は7.7%安で引けた。CSI300金融株指数 は9.6%下げ、07年7月にさかのぼるブルームバーグのデータで最も大きな下落率を記録した。

 香港市場ではハンセン中国企業株指数(H株 )指数が5%安、ハンセン指数が1.5%安で終了した。

原題:China Stocks Sink Most Since 2008 on Margin-Trading Suspensions(抜粋)

ブルームバーグ 2015/01/19 17:40
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEHY16K50XT01.html