太陽 

1
:2014/03/06(木) 00:31:59.15 0 ID:
韓国の太陽光各社が、今年の日本への輸出目標値を軒並み引き上げた。
電池とモジュールを含めた日本の太陽光市場は昨年世界第大規模の7.8ギガワット(GW)だっただけでなく、今年も10GWを突破する見通しであるためだ。電子新聞が伝えた。

LG電子は、太陽電池の対日輸出目標を前年比10%増の200メガワット(MW)に定めた。昨年は、同社全体の太陽電池の生産能力420MWのうち、43%に相当する182MWを日本に輸出。
今年は既存の主力製品に加え、高効率タイプの製品の輸出を拡大する戦略だ。

ハンファキューセルとハンファソーラーワンで日本市場攻略を狙うハンファグループは、今年の太陽光モジュールの輸出目標を昨年より280MW多い800MWとした。太陽光発電所開発など後続事業を強化することで、目標を達成する考え。

シンソンソーラーエナジーも昨年末に、同社の営業担当本部長を日本支社長として派遣するなど日本市場攻略に力を入れている。
http://nna.jp/free/news/20140306krw014A.html