(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2022/03/22(火)14:56:10.70ID:CAP_USER.net
韓国最大の河川である洛東江の水で栽培した米から、毒性物質である「ミクロシスチン」が検出されたという主張が出ている。

韓国の環境運動連合は「洛東江(の水で栽培した)大根と白菜に続いて米からまで緑藻毒が検出されたことで、深刻な状況だ」と21日明らかにした。この団体は22日、緊急記者会見を開き、具体的な内容を明らかにする予定だ。

環境運動連合はこの日の資料を通じて「青酸カリの100倍毒性のミクロシスチンが洛東江白菜・大根に続き米でも検出されたもの」と説明した。

同会見にはイ・ウォンヨン国会議員やイ・スジン国会議員、イム・フィジャ洛東江ネットワーク共同執行委員長なども同席した。

環境団体は洛東江の水から毒性物質ミクロシスチンが検出されたと昨年から指摘してきた。

昨年8月、環境運動連合は洛東江において、米国の基準値に比べ最高245倍高い毒性物質ミクロシスチンが検出されたという調査結果を発表した。また今年2月には洛東江周辺の野地栽培作物である大根や白菜からもミクロシスチンが検出されたと発表した。

ミクロシスチンは青酸カリより100倍強い毒性を持ち、肝疾患や胃腸炎・筋萎縮性側索硬化症などのような疾患を引き起こす。

イム・ヒジャ共同執行委員長は「洛東江の水を利用して栽培された農産物が安全ではないという事実を意味する」と指摘した。


コリア・エコノミクス 2022年3月22日
https://korea-economics.jp/posts/22032207/