ヒラマサ 
(イメージです。)


1
:2015/01/16(金) 21:20:52.33 ID:
韓国・聯合ニュースなどによると、国際オリンピック委員会(IOC)のリンドバーグ調整委員長は16日、2018年の平昌冬季五輪について、「分散開催」はないと発表した。

報道によると、リンドバーグ委員長はこの日、韓国・江陵市で開かれた平昌五輪の懸案についての会議に出席。冒頭のあいさつで「IOCの決定に基づいて、いくつかのゲーム、いくつかの種目を開催都市以外で開くことができる機会があった」としつつ、「しかし、議論の結果、平昌冬季五輪は、計画された通りに開催することを決定した」と述べたという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「合理的に考えれば分散開催が当然で正しい決定だろうが、分散開催の相手が日本となると感情的に行動するようになる」

「ここまでの顛末見ると、平昌五輪は歴史に残るダメダメ五輪になるかも」

「しっかりしろ。でないと今までのことが水の泡だ」

「仁川アジア大会のようになるなら、いっそ返上しよう…」

「国際大会を是が非でも誘致する理由がわからない…山の中に施設建てて、毎年数百億ウォンの維持費…どうするつもり?」

「ナッツ航空のオーナー…チョ・ヒョンアの父親、そっくり」

「分散開催が云々される自体、話にならない。環境や状況が誘致するどころでは無いってこと…カネになるなら石鹸水以外何でも呑み込む人間どもよ」

「いまだに国際大会の誘致に幻想を抱くおかしな国粋主義者が多いんだな」

「仁川の二の舞さらす前に、しっかり備えろ…」

「潔く返上するのが利口かと」

「国際大会開催すると、ほとんど運営が滅茶苦茶。韓日W杯は共催だから問題無かったのか…」

「支援も無いのに、さっさと放棄すべきでは??」

(編集 兼田)
ソース:FOCUS-ASIA 2015年1月16日 19時34分
http://news.livedoor.com/article/detail/9682756/