(イメージです。)

1荒波φ ★2022/01/26(水)09:10:04.74ID:CAP_USER.net
韓国にある独立門の近くに抗日独立義士の銅像を建てようとするも不許可となり、それを不服とする裁判でも団体側が敗訴した。理由は独立門の持つ「独立」が抗日とは関係ないことだった。

ソウルにある旧西大門刑務所と独立門との間に、抗日運動で犠牲となったユ・グァンスン(柳寛順)女史の銅像を設置できるようにしてほしいとユ・グァンスン烈士記念事業会が訴訟を起こしていた裁判で、記念事業会側は銅像設置不許可処分を取り消そうとし文化財庁長を相手に行政訴訟を起こしていたが、原告敗訴判決となった。

記念事業会側は、2020年7月16日に、西大門刑務所が位置する西大門独立公園に5m70cmの高さのユ・グァンスン烈士像を設置すると申請していた。これについて文化財委員会は会議を開き、像設置の適正性を審議したが否決した。


(ユ・グァンスン)

当時、文化財委員会は3・1運動記念塔が西大門独立公園内にすでに建立されていることを否決の理由とした。また、また、数多くの独立運動家が収監された西大門刑務所周辺に特定の銅像を設置することは、代表性と必要性が不足し、歴史文化環境を阻害する可能性があると見た。

これに対し記念事業会は、2020年10月30日に訴訟を起こした。記念事業会は「ユ・グァンスン烈士は唯一の女性独立運動家であり、北朝鮮の教科書にも抗日独立運動をした人物として掲載されるなど、独立運動家のうちでも代表性と必要性を備えている」と主張した。

しかし裁判所側は、銅像を設置しようとする位置が西大門刑務所と独立門の中間地点であるが、両文化財の歴史的意味が異なるという点などを踏まえ、記念事業会の主張を受け入れなかった。

そもそも、独立門は日本からの独立ではなく中国からの独立を祝ったモニュメントだ。1897年に完成した独立門は、李氏朝鮮時代に清の支配から解放され自主独立国家となったことを記念し、清への服属を象徴していた迎恩門を壊して建てたものだ。

日本からの独立を主張したユ・グァンスン女史の独立思想を鼓舞するために銅像が設置されるには場所的特性が一致しないことになる。韓国では独立門を「日本からの独立」を記念するものと誤解している向きがまだ存在するといわれる。


(19世紀末に清からの独立を記念して建てられた独立門)

西大門区側は「独立公園の《独立》が持つ意味と日本植民地期から主権を回復しようとする《独立》の意味が歴史的に異なるのに、過度に隣接して存在すれば、歴史的教訓と価値に混乱が生じている」とし「ユ・グァンスン烈士像が独立公園領域に追加された場合、《独立》の歴史的意味がさらに混乱を招く可能性がある」という意見を出した。

裁判所側はこのような意見を反映して「歴史文化環境が毀損される恐れがあると判断される」とし「不許可処分が違法だとは言えない」と明らかにした。


この判決を知った韓国のネットユーザーからは、

「判事は親日派ではないか」

「国民が求めるのだ。建てるべきだ…」

「別の場所に建てれば」

「西大門刑務所の中に建てれば」

「独立門を日本から独立するために建てたという歴史認識の浅い奴らがいる」

「清からの独立を祝って建てたのになぜユ・グァンスンを絡ませる」

「場所の意味が違っても建てろ…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。


2022年1月25日
https://korea-economics.jp/posts/22012505/