(イメージです。)
 
1::2022/01/22(土)18:57:31.07●2BP(2000).netID:???

「中国がブータンと係争中の国境地帯での入植地建設を加速させている」

 これを報じたのは1月12日付ロイターだ。ロイターは米国のデータ分析会社ホークアイ360から衛星画像とその分析結果の提供を受け、専門家2人に検証を依頼した。その結果、中国がブータン西部の国境沿いの6か所で200以上の構造物の建設を進めていることがわかった。中国が入植地の建設計画を発表したのは2017年だ。2020年から工事が始まり、昨年になって建設が加速したとされている。政府が住民に補助金を出して、入植を進めていると噂されている。

 日本で「幸せの国」として知られるブータンの人口は80万人に満たない。中国と国交を結んでいないブータンは約40年間、およそ500kmに及ぶ国境を画定させるために中国と粘り強く交渉を続けてきた。

 だが今や超大国になった中国は、「吹けば飛ぶ」ようなブータンとまともに向き合おうとはしていない。既成事実を積み上げることで国境問題を強引な形で解決しようとしている。南シナ海で人口島を建設し領有権を主張する手口と同じだと言っても過言ではない。ブータンの領土保全のための長年の努力は水泡に帰そうとしている。


(国旗画像)
https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2022/01/2201201052_5-714x536.jpg

(>>2以降へ)

中国が幸せの国「ブータン」を侵略 40年の国境画定交渉を無視するあり得ない手口とは
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/01220600/
2022年01月22日 デイリー新潮 藤和彦