(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2022/01/20(木)08:18:21.75ID:CAP_USER.net
2022年1月19日、韓国メディア・韓国日報は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がサウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相の欠礼を寛大な心で許した理由」と題する記事を掲載した。

記事によると、サウジアラビアを訪れている文大統領は18日(現地時間)、首都リヤドで行われたスマート革新成長フォーラムに出席した。文大統領の隣の席にはアブドルアジズ・エネルギー相が座る予定だったが、遅刻のため急きょ別の参加者が座ることになった。その後フォーラムは順調に進んでいたが、途中で到着したアブドルアジズ・エネルギー相の入場前、秘書とみられる関係者が文大統領の背後を横切ったため韓国側の警護員が慌てて止めに入る場面が見られた。また、アブドルアジズ・エネルギー相の代わりに座っていた参加者を別の席に移動させるなど騒がしかったため、文大統領はフォーラムに集中できず困惑した表情を浮かべていたという。

さらに、ようやく入場したアブドルアジズ・エネルギー相はマスクを着用していなかった。その後も終始、マスクを取り出したりスマートフォンを触ったりするなど落ち着かない様子だったという。

記事は「今回の歴訪の最重要目的は大型原発の受注で、文大統領はフォーラム前にムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と会談を行い、関連事業について協議していた」とし、「韓国としてはアブドルアジズ・エネルギー相の協力が必要な状況であり、今回の欠礼を寛容に受け入れた文大統領の対応が国益の実現につながるかどうか注目される」と伝えている。


この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「文大統領の外交力は韓国史上最高」
「文大統領は最後まで国益を第一に考えてくれる」
「もともとのおおらかな性格がそのまま出ただけ」

など称賛の声が上がっている。

一方で

「ばかにされたのに何も言えなかったのか」
「冷遇されるのには慣れているからね。中国では一人飯だった」
「寛容だった理由は、サウジ側は会うのを嫌がったのに韓国側が無理を言って頼み込んだからでは?」

と反論する声も多数見られた。


(翻訳・編集/堂本)
https://www.recordchina.co.jp/b888273-s39-c30-d0191.html