(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2022/01/17(月)08:24:36.96ID:CAP_USER.net
 日本や世界で話題となっているアニメ「呪術廻戦」初の映画「劇場版 呪術廻戦0」が2月に韓国で公開されることが決まった。反日不買運動の余波が残っていた韓国で大成功を収めたアニメ映画「鬼滅の刃」に続き、多くの人々が「劇場版呪術廻戦 0」の公開を心待ちにしている。

 いまや韓国メディアで「ノージャパン」を目にすることはない。若い韓国.人は日本のアニメを楽しんでいる。

ノー・ジャパンを終息させた日本漫画
 2020年に「呪術廻戦」がテレビアニメ化されると、韓国でもアニメ専門放送局のアニプラスと動画配信サービスのワッチャが放映して人気を集めた。「劇場版呪術廻戦0」についても、「ドラえもん」やスタジオジブリの作品など、日本のアニメを輸入している韓国・大元メディアが放映権の取得に名乗りをあげた。

「劇場版 呪術廻戦 0」の公開を前に、韓国ファンの期待は高まる一方だ。

(中略)

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の放映権を取得したのは、SMGホールディングスという従業員十数人の小規模な映画会社だった。日本製品の不買運動の余波とコロナ禍の影響もあり、SMG社が期待したのは20万人から30万人程度の観客動員数で、最大でも50万人を超えることはないと見ていた。

 ところが、蓋を開けてみると人気は沸騰。旭日文様を巡る論争を呼び起こして「反日不買運動」の標的になったが、210万人の観客を動員し、ユン・ヨジョン主演の「ミナリ」(109万人)を抜き、2021年度の観客動員数で2位を記録した。

韓国の出版産業を救った日本漫画

 また、紙の書籍離れによって苦境に喘ぐ出版業界や書店業界にとって、日本漫画は文字通りの救世主になっている。日本関連の書籍は、2019年夏から広がった日本製品の不買運動で落ち込んだが、一時的な減少に過ぎなかった。日本のコンテンツから逃れられない韓国.人の姿を浮き彫りにしたといっていいだろう。

「鬼滅の刃」シリーズは、オンライン書店「イエス24」で、2021年上半期の漫画ベストセラーの1位から25位までを独占した。その結果、上半期における漫画分野の販売額を前年同期比で30%も押し上げた。
 
(中略)日本の漫画が韓国漫画出版産業を救ったというのは誇張でも何でもない。

 教保文庫が分析した「鬼滅の刃」の購入層は、20-30代が55.6%、女性が68.1%で、20-30代の若い世代と女性が「鬼滅の刃」に熱狂したことになる。

反日を超える日本コンテンツが描く未来

(中略)

 韓国.人は、高いクオリティを誇る日本の漫画を愛している。「鬼滅の刃」に続く「呪術廻戦」シリーズに対する愛情も、反日感情を上回る。韓国のアニメファンは文在寅政権における反日の不条理を感じ、体験したが、今後政権がどのように変わろうとも、韓国の日本漫画人気が衰えることはないだろう。

 現与党議員でさえ「銀河鉄道999」や「ガッチャマン」のコスプレで反日を叫んでいるのだから。


(金 愛(キム・サラン))
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68471