(イメージです。)

1昆虫図鑑 ★2022/01/04(火)10:26:48.22ID:CAP_USER.net
(羽田 真代:在韓ビジネスライター)

(前略)

韓国にいながら「にじもりスタジオ」で日本を楽しむ人々
(中略)

中央日報に公開されたすごい自国礼賛記事
「The JoongAng(中央日報)」で「“東京よりソウル” 日本を抜き“高級韓国”100年越しに確立(2021.12.18)」と題されたニュースが公開された。そこには「1882年、米最高の金持ちだったウィリアム・ヴァンダービルトはニューヨークのど真ん中に日本風の豪華な邸宅を建てた」「同じ時期のフランスでは日本版画の浮世絵が大人気となった。その後の100年で、日本文化はファッションとデザインはもちろん、美術、文学、クラシック、大衆歌謡、漫画、アニメ、文学など世界的に高級文化の地位を確立した」と前置きしたあとに、「2021年、雰囲気がすっかり変わり、韓流が世界に広がった」。

「かつてはアジアと言えば東京がいつも先に挙げられていたが、今ではソウルに変わった」「韓国の不屈の製造企業が“メイド・イン・コリア”をという優秀な品質を広め、スポーツではアジア大会やオリンピック、ワールドカップなどでも成功を収めている」「経済でもアジアの盟主であった日本と差を縮めたり、リードし始めたりしている」と紹介されている。

 加えて、記事には「日本文化は1850年代に門戸を開いたあと、30余年後に万国博覧会などの国際行事を経て、世界的な高級文化との地位を確立した。韓国も1986年アジア大会以後、30余年後に世界が認める“韓流ブーム”を作り出した。この方程式が当てはまれば、韓国の文化は今から2100年代以降まで高級文化として続き、子供たちは高まった国家の地位を親の世代より多く享受することができる」と書かれていた。

「100年後まで韓流ブームが生き残っているか」と尋ねられれば、筆者なら「NO」と答える。なぜならインターネットが発達した現代では、人々の好奇心や関心の移り変わりの速さは、100年前と全く異なるからだ。正直、“韓流ブーム”があと10年持つかどうかすら疑問である。

 この記事を書いた記者は、100年前と現代の環境の変化を全く考慮せずに論説しているため、社会情勢に明るい読者相手には全く響かない記事となっている。しかし、本来社会情勢に明るいはずの記者がこのように書くということは、「100年後も“韓流”が世界で評価されるはずだ」と心の底から信じているのだろう。

このようなメディアの情報を信じて、「韓国はすごい」「日本などもう比較対象にもならない」と考える韓国民も多く存在することは事実だ。しかし、今はインターネットがあれば知りたい情報はある程度手に入る。昔のような洗脳報道は通用しなくなっている。

「クッポン」の韓国メディアと韓国.人のズレ
(中略)

この記者が日本を超えた例として挙げている「韓流」は、韓国政府が国家戦略としてコンテンツ産業支援投資金に大規模な投資(2019年は約410憶円)した、言わば作られた流行だ。日本文化が流行した理由と全く異なる。

 筆者は「韓国文化が劣っている」とは思わない。日本文化、韓国文化それぞれに良さがある。ただ、「美人は3日で飽きる」と言われるように、作られた流行は人々の飽きも早い。100年後も韓国文化が評価されるには、心の底から人を魅了する何かを韓国は作らなければならない。

 韓国メディアがこれに気付いて自国を過剰評価する報道姿勢を改めない限り、「国内旅行よりも日本旅行」「国内学校への入学よりも日本留学」「韓国製品よりも日本製品」と考える韓国民の流れを防ぐことはできないだろう。