(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2021/12/29(水)05:03:14.47ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

 24日に開かれた国連総会本会議で2022~24年の国連予算の新たな国別分担率が決まり、通常予算で韓国は9番目に多い2.574%を負担することが決まった。外交部が28日伝えた。

 通常予算の分担率の1位は米国で、2位が中国、3位が日本。ドイツ、英国、フランス、イタリア、カナダ、韓国と続いた。

 韓国の分担率は2019~21年の2.267%より、0.307ポイント上昇した。分担率の順位も11位から9位に上昇した。

 国連に加盟した1991年の0.69%から約30年で約3.7倍増加した。

 国連平和維持活動(PKO)予算の分担率も2019~21年の10位から2022~24年は9位に上昇した。

 分担率は各国の国民総所得(GNI)などを基に決まる。

 一方、北朝鮮の通常予算の分担率は2019~21年の0.006%(129位)から2022~24年は0.005%(133位)に減った。


WOWKorea 2021/12/28 20:53配信 聯合
https://s.wowkorea.jp/news/read/329102/