1:2015/01/13(火) 00:06:22.09 ID:
 中国共産党中央規律検査委員会と監察省は12日までに、習近平党総書記が2012年にトップに就任して以来の反腐敗闘争に関する発言をまとめた“語録”を公開した。習氏は「徒党を組んだり、誰かを陥れるために匿名でデマをでっち上げたりしている者がいる」などと述べ、派閥争いやリークによる世論工作の激化に強い危機感を示している。

 発言の公開は、最高指導部元メンバーの周永康氏の逮捕決定など就任から2年間の反腐敗運動の成果や、運動を継続する姿勢を誇示する狙いがあるとみられる。

 習氏は13年1月に開かれた中央規律検査委の全体会議で「世界では与党が腐敗して国民離れが深刻化し、政権を失った例は枚挙にいとまがない」と強調、腐敗取り締まりの必要性を訴えた。

ソース(IZA・共同通信) 
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/150112/wor15011222560046-n1.html

写真=中国共産党の習近平総書記