Image by Daniel Roberts from Pixabay

(イメージです。)
 
1動物園φ ★2021/12/03(金)10:19:07.52ID:CAP_USER.net
12/3(金) 9:30配信

 韓国のキム・ブギョム(金富謙)首相が「来週から4週間、私的集まりの許容人数を首都圏は最大6人、非首都圏は8人(※これまでは首都圏は最大10人、非首都圏は最大12人)までに縮小する」と明らかにした。また1週間の試行期間を設け、レストランやカフェを含め、大半の施設に防疫パスも導入される。

 金首相は3日、新型コロナウイルス中央災難(災害)安全対策本部会議を主宰し「政府は、段階的日常回復の期間にできたすき間を埋めて、今後4週間、防疫の堤防をしっかり補強することに集中する」とし、「特に年末を迎え、増える可能性のある集まりや接触、移動を減らすことに焦点を合わせようとする」と強調した。

 続けて「まず急速に高まっている感染の拡大傾向を早く鎮めるために『私的集まりの人数制限』を強化する」とし、「来週から4週間、私的集まりの許容人数を首都圏は最大6人、非首都圏は8人までに縮小する」と説明。

 また「高いワクチン接種率を基盤に、日常で感染リスクを低めるために“防疫パス”を全面的に拡大適用しようと思う」とし「レストランやカフェを含めた、大部分の大衆利用施設に適用し、実効性のある現場定着のため、1週間の試験期間を設ける予定」と伝えた。

 金首相は「現在、新型コロナウイルスを防げる最も頼もしい防御壁は“ワクチン”」とし、「高齢層の3回目接種と青少年の基本接種が防疫のカギを握っている」と強調。さらに「マスクなど基本的な防疫守則は常に実践して、年末に予定された集まりも延期するようお願いしたい」と述べた。