Image by Pete Linforth from Pixabay

(イメージです。)
 
1::ID:???
新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の新しい変異「オミクロン」の国内初の確定者である牧師夫婦が防疫当局の疫学調査で偽の陳述をした事実が明らかになった。

彼らの嘘によって、接触者である知人が時折隔離されず、彼の家族が大型教会を訪れた事実が明らかになり、さらなる拡散の懸念は一層大きくなっている。

先月25日、オミクロンの突然の確定判定を受けた40代牧師のA氏夫婦は、初期の疫学調査で「空港から自宅に移動する際に防疫タクシーに乗った」と述べた。

しかし実際にはAさん夫婦は確定前日にナイジェリアから帰国して家に移動する際、ウズベキスタン国籍の30代知人であるBさんが運転する車に乗ったことが把握された。

このため、A氏夫婦が確定判定を受けた先月25日以降も、B氏は密接接触者に分類されなかった。

B氏はAさん夫婦が確定したというニュースを聞いて受けた1次検査でも陰性判定が出ており、隔離措置なしに日常的に生活した。

彼は発熱などの疑いの症状が現れ、再び2次検査をした結果、先月29日に陽性判定を受けて隔離された。

B氏はAさん夫婦と接触後、何の隔離措置もなく6日間にわたり住宅地付近の食堂・マート・歯科などを歩き回ったことが確認された。

この過程で87人が接触者として把握されてコロナ19検査を受け、そのうち11人は密接接触者に分類された。

しかもBさんの家族が先月28日、大型教会の外国人対象プログラムに参加した事実まで明らかになり、地域内の拡散の可能性はさらに大きくなった状況だ。

当日このプログラムには中央アジア国籍の外国人411人が参加し、別の時間に行われた礼拝には神道400人が参加した。

区はAさん夫婦を感染病予防及び管理に関する法律違反の疑いで警察に告発する方針を検討している。


https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&;mid=sec&sid1=102&oid=215&aid=0001001001


いい11 バカ821