怪我 傷 入院 

1
:2014/03/05(水) 13:23:08.74 0 ID:
日帝強制徴用被害者の障害を証明する客観的資料がなくても慰労金を支給できるという判決が下されてきた。

裁判所が関連法律の立法趣旨を考慮して厳格な定規を突きつけるより被害者方に立って下ろした結論だ。

ソウル行政法院行政6部(ハム・サンフン部長判事)はヤン某氏遺族が慰労金を支給するとし対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会を相手に出した訴訟で原告勝訴で判決したと5日明らかにした。

ヤン氏は1940年日本、大阪に引きずられて行って解放される時まで労務者で仕事をした。故国に帰ってきたヤン氏は1978年死亡した。支援委員会は2011年ヤン氏を'対日抗争期強制動員被害者'で決めた。


  以後遺族はヤン氏が日本で腕と脚が切断される事故に遭ったとし
  支援委員会に慰労金を申し込んだが拒否された。
  切断事故に遭った事実を認める根拠が不足するという理由であった。

  すると遺族は腕と脚切断の代わりにヤン氏の腰浮上(負傷)を主張して訴訟を起こした。
  今回は
  "ヤン氏が徴用行って重い病気にかかって腰が曲がった"
  などの親戚陳述を根拠に提示した。


関連法律によれば強制動員被害者や遺族は'労働力の永久損失または、減少を招くほど受けたケガ'とその証拠資料があってこそ支援委員会で慰労金を受けることができる。

遺族は裁判でもヤン氏の障害に対する客観的・具体的資料を出しておくことができなかった。
裁判所はそれでも遺族手をあげた。

裁判所は
"ヤン氏が日帝によって強制労働をしている間腰に負傷に遭って障害を着たと見られる"
と判示した。

裁判所は
"ヤン氏が帰還して死亡するまで時代状況、
ヤン氏が死亡して30年以上去る事情などを考慮する時客観的・具体的資料を提出するのは事実上不可能だ"
と前提にした。

引き続き
"犠牲者支援法の目的と趣旨は強制動員被害の真相を糾明して歴史の真実を明らかにして
国家が人道的次元の慰労金を支給することによってこれらの苦痛を治癒しようと思うこと"
と強調した。
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Finternational%2F2014%2F03%2F04%2F0602000000AKR20140304203800004.HTML&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=