1:2015/01/12(月) 12:12:36.62 ID:
1eeaacd3.jpg 
 
0322ad2e.jpg 
12日、ソウルの大統領府で内外メディアとの記者会見を行う韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)

 韓国の朴槿恵大統領は12日、ソウルの大統領府で内外メディアと記者会見した。大統領は冒頭で、日韓国交正常化からことし50年を迎えることを挙げ、「日本との新たな関係」を模索していくと表明した。南北関係をめぐっては北朝鮮に対し、南北離散家族の再会事業を2月の旧正月前後に行うことを提案した。

 朴氏は、歴史問題を原因に安倍晋三首相との首脳会談を拒否する一方、日韓関係について昨年から「新たな出発の元年になってほしい」と口にしていた。

 朴氏は2月下旬に就任から丸2年を迎える。支持率は4割前後と低迷し、8月に5年間の任期の折り返しを迎えるのを前に求心力を高めたい思惑だ。

 だが、昨年末に朴氏の元側近が高官人事に介入しているとの大統領府の内部文書が報道され、先週には文書作成の責任者だった大統領府高官が辞任するなど、政権中枢の混乱も収拾できない事態が続いている。

(共同)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150112/mcb1501121108016-n1.htm 
 
=管理人補足=