(イメージです。)
 
1荒波φ ★2021/11/15(月)09:24:36.63ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

超党派でつくる韓日議員連盟の朝鮮通信使委員会に所属する与野党の議員が16日から20日まで日本を訪問し、韓日関係の改善を模索する。朝鮮通信使は朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節で、両国交流の象徴とされる。

国会によると、朝鮮通信使委員会の委員長を務める鄭鎮碩(チョ.ン・ジンソク)国会副議長(野党「国民の力」)や国会外交統一委員会野党幹事の金碩基(キム・ソッキ)議員(国民の力)、金栄珠(キム・ヨンジュ)議員(与党「共に民主党」)ら6人が訪日する。

18日に衆議院議員会館で朝鮮通信使に関する韓日の合同会議を開き、日本の議員と交流する。17日に衆議院議員の中川正春議員(立憲民主党)、19日には細野豪志議員(自由民主党)とそれぞれ面談する予定。

この他、在日本大韓民国民団(民団)、在日コリアンとの懇談会も予定している。

朝鮮通信使委員会は昨年も訪日を計画していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて断念した。

委員長の鄭氏は「韓日関係の発展と平和はおのずと得られるものではない。朝鮮通信使の経験と歴史をかがみに相互尊重の精神を高めていくなら、現在の両国関係の改善策を見いだす上で多くの示唆を得られるものと信じる」と述べた。


2021.11.15 08:57
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211115000300882