サムスン スマホ 
(イメージです。)


1
:2015/01/10(土) 23:14:21.17 ID:
 2014年通期業績で9年ぶりの減収、3年ぶりの営業減益となる韓国のサムスン電子。15年も中国のスマートフォンメーカーの攻勢や為替のウォン高、司令塔不在の経営体制が続き、2年連続減益を予想する市場関係者が大勢を占めている。

 速報値によると、14年の連結売上高は前年比10%減の205兆ウォン(約22兆円)、営業利益は同32%減の25兆ウォン(約2兆7000億円)となった。

 昨年10~12月期(第4四半期)の営業利益は前年同期比37%減の5・2兆ウォンと5四半期連続で前年割れしている。

 稼ぎ頭のスマホでは、高機能機種では米アップルのiPhone(アイフォーン)が強いうえ、新興国中心の低価格機種市場では、中国の「小米(シャオミ)科技」がシェアを拡大、サムスンを駆逐しつつある。

 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は中韓、そして日本メーカーの勢力図を「サムスンと中国メーカーの加工技術の格差は急速に接近しているが、結局、部品の多くは『メード・イン・ジャパン』。日本メーカーは消費財で競争するより、対企業取引で確実な収益を確保する戦略に転換している」と分析する。

 深刻なのが為替だ。対円でウォン高が進んでいるが、「円安が韓国の輸出に影響を及ぼすまでに2年ほどのタイムラグがある。アベノミクスは12年末から始まったので、15年から本格的な打撃を受けるようになる」と勝又氏。欧州中央銀行も量的金融緩和を実施するとみられており、対ユーロでもウォン高が進むと予想される。

 また、サムスンを急成長させた2代目総帥、李健煕(イ・ゴンヒ)会長は病床にあり、長男の在鎔(ジェヨン)副会長への世襲がうまく進むのかも不透明だ。

 ロイターが報じた52人のアナリスト予想の中央値では、15年の営業利益が23兆8000億ウォン(2兆5700億円)と2年連続減益も視野に入る。今年もサムスンの苦境は終わらないのか。

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150109/ecn1501091830008-n1.htm

関連スレ
【経済】サムスン電子、昨年10-12月期の営業利益は前年同期比37.42%減(c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1420684578/