(イメージです。)
 
1動物園φ ★2021/10/21(木)13:54:14.40ID:CAP_USER.net[1/2]
韓国情勢にはケインズもマルクスもビックリ!? 「完全雇用」のフリして体感失業率20%、富裕層は左翼支持
2021.10.21

 「近代経済学の父」と言うべき、ジョン・メイナード・ケインズが生きていたら、「これぞ完全雇用だ」と叫んだかもしれない。しかし、「共産主義の父」、カール・マルクスが生きていたら、「これぞ打倒すべき悪徳資本家の国だ」と指弾したに違いない。どちらも韓国のことだ。

 韓国政府の発表によると、2021年9月の失業率は2・7%だった。就業者数は2768万3000人で、前年同月より67万1000人も増加した。新型コロナウイルスが猛威を振るうなかでの数字だ。

 ケインズは「奇跡だ」と叫んだ後で、別の資料を見て「この国はどうなっているのだ」と怒るのではないだろうか。

 別の資料はたくさんある。雇用部門だけ見ても、こんな具合だ。

 「20年の30~40歳代の雇用率は経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国のうち30位」

 「4年制大学の3、4年生と無職の卒業者にアンケートしたところ65・3%が、就職先の門が狭すぎるとして、すでに就職を断念し、求職活動をしていなかった」

 「公務員試験への応募準備者は8月段階で87万人に達した。韓国では、公務員試験の準備者は統計上、『失業』に含めないことになっている」

 「中央銀行の調査によると、長期求職者(失業期間が4カ月以上)がこの1年ほどで26%増えた」

 「青年層の体感失業率は20%レベルとされている」

 一方、マルクスは、大韓航空(KAL)のオーナーに関する情報を見ただけで、「やはり、この国にはマルクス主義革命が不可避だ」と大喜びするだろう。