(イメージです。)
 
1朝一から閉店までφ ★2021/09/21(火)22:51:16.43ID:CAP_USER.net
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.21 11:12


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日(現地時間)、軽空母建造に関心を表した。

国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の文大統領はこの日、ジョンソン英首相との首脳会談で、軽空母事業に関連し「『クイーン・エリザベス』空母打撃群の訪韓が両国間の国防交流・協力強化に寄与した点を評価する。コロナ状況のため制限的に進行されたが、有益だったと考える」と述べた。

これは、ジョンソン首相の軽空母事業関連の発言に対する答弁で出てきた。文大統領は先月訪韓した英空母打撃群に言及した後、「現在進行中の両国海軍間の技術協力がさらに拡大する環境が形成されることを希望する」と話した。

軽空母の導入は文大統領の公約だ。政府は昨年、今年の予算に101億ウォン(約9億3400万円)の研究・開発費用を要請したが、野党の反対などで1億ウォンを除いた100億ウォンが削減された。軍当局は来年度予算案にまた軽空母関連費用72億ウォンを要請した。

軍当局は垂直離着陸戦闘機を運用する軽空母を2030年代初期までに実戦配備することを検討している。こうした状況で英国政府が先月31日に訪韓した空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン級)でF-35Bの垂直離着陸など試験飛行状況を韓国メディアに公開し、英国が韓国政府と構想している軽空母導入計画に積極的な意思を見せているという分析も出てきた。

大型原子力空母を主に運用する米国とは違い、英国は中型級(4万~7万トン級)以下のディーゼル基盤の空母を運用している。韓国は現在のところ原子力基盤の艦艇の製作が不可能であり、英国の空母はベンチマーキングの対象に挙がってきた。

またジョンソン首相は、米国・英国・オーストラリアが参加して中国を封鎖する概念の外交安保3カ国協議体「AUKUS(オーカス)」の創設に関連し、「AUKUSは域内でいかなる問題も起こさない」と強調した。これに対し文大統領は「(米英豪)3カ国パートナーシップのAUKUSが域内の平和と繁栄に寄与することを望む」と答えた。

しかし米国は最近、AUKUSの創設と共にオーストラリアに原子力潜水艦の開発と保有を支援することにした。米国が原子力潜水艦技術の移転を決めたのは1958年(英国)以来63年ぶり。このために外交関係者らは、原子力潜水艦を保有する中国を牽制するためのもう一つの同盟体という分析を出している。

(後略)


全文は下記URLで
https://japanese.joins.com/JArticle/283150