(イメージです。)
 
1::2021/09/19(日)15:19:00.51ID:gnEVJe3Y0●.net

(ブルームバーグ)

(前略)

中国住宅都市農村建設省は先週、中国恒大の主要債権金融機関に対し、同社が20日に融資の利払いを行えない見通しだと伝えた。


中国恒大は今月20日期限の利払いせず-中国政府が銀行に伝える

中国恒大は23日に社債2本の利払い期日も控える。(中略)

社債の1本は額面価格の30%を下回る水準で取引され、投資家は高い確率で不履行の可能性を織り込む。

中国恒大が抱える3000億ドル(約33兆円)もの債務履行を巡る不安が中国の金融市場に波及した結果、他の不動産関連株も急落し、ドル建てジャンク債(投機的格付け債)指数の利回りは上昇。中国人民銀行(中央銀行)は17日、金融システムに140億ドルの短期資金を供給した。


中国人民銀、1.5兆円の短期資金供給-恒大危機が市場揺るがす中で

ブルームバーグの集計データによれば、ドル建て5年債(表面利率8.25%)の8350万ドルの利払い期日が23日に到来する。同債のコベナンツ(特約条項)によれば、支払いの遅れがデフォルト(債務不履行)と判断されるまで30日の猶予期間が設定されている。

23日は人民元建て債の2億3200万元(約39億円)の利払いも重なる。年内に期日を迎える利払いは額6億6900万ドルに上る。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3d46769f17e36c7f6f8b9095567bd8d4489e7de7