1:2015/01/08(木) 22:29:45.93 ID:
cee8dcae.jpg 
  
d60989d3.jpg
 
8fa836a0.jpg

現在、日本にある私たちの文化財は確認されたものだけで6万6千点を越えます。三国時代と高麗時代を経て朝鮮時代に倭寇が略奪して行ったもの、そして壬辰倭乱と日帝時代を経て奪っていったものが大部分と推定されます。韓国政府はずっと返還を要求していますが、日本政府は1965年の韓-日協定の時、すでに終わったという立場ばかり繰り返しています。

ところが2012年、思いがけないことが起きました。韓国の窃盗犯が対馬から統一新羅時代と高麗
時代の仏像2点を盗んで韓国に持ってきたのです。
窃盗犯はこの仏像を韓国で売ろうとして警察
に捕まりました。日本政府は直ちに返還を要求しました。しかし、高麗時代仏像は忠南瑞山、浮石寺(プソクサ)のもので、当時、民衆の十匙一飯の布施で作られたと事実が確認され、私たちの裁判所は返還を暫定保留しました。

その後2年余りが経ち、対馬に取材に行きました。対馬での反応は韓国政府が盗んだ物を返還し
ないことに対する反感が非常に強かったです。
盗品をその国に戻すことは国際法上でも当然だと
いうことでした。取材陣が対馬は過去、'倭寇'の巣窟で韓半島に対する略奪行為が持続的になさ
れたので、対馬もやはり盗品ではないかと反論も試みたが、反応は否定的でした。倭寇が略奪し
た証拠が果たしてどこにあるのかということでした。

当時、韓半島と対馬は善隣友好関係で、友情の証しとして受けたと主張をするかと思えば、朝鮮時代の時、儒教を崇めて仏教を抑圧する'崇儒抑仏政策'で、廃棄処分される危機に置かれていた仏像が当時の対馬に大挙流入したという詭弁もならべました。倭寇が略奪したことを韓国政府が立証をしなければならないのか...でなければ日本政府が正当に受けたという事実を立証しなければならないのか...日本の中韓文化財返還にとって現在最も難しい問題です。

対馬では盗み出した仏像を2年を超えて戻さないため、反韓感情が高まっています。ある対馬住
民は韓国観光客がみな文化財窃盗犯と見えるという話まで打ち明けました。このため、毎年開催
された'朝鮮通信使行列'再現行事も2013年に中断し、昨年も台風を言い訳に開きませんでした。
略奪か贈呈かが糾明されない以上、盗み出した窃盗品はひとまず戻すのが当然だという立場です。

しかし、対馬住民の内心には明らかに葛藤も存在します。年間20万人を越える韓国観光客が対馬を訪れているためです。漁業を中心に生活した対馬住民に韓国観光客を相手にした観光業が2大主要収入源に位置しているからです。このため、あるレストラン主人は韓国観光客が多く訪れ
ると言いながら盗み出した仏像問題が円満協議でうまく解決されるよう願っていました。
(中略)

日本国内の韓国文化財の中で断然多数を占めるのが「小倉コレクション」です。日帝時の事業家
で、'盗掘王'と呼ばれた小倉が韓国から持ってきた文化財ですが、1982年、小倉の息子が東京国立博物館に1,100点余りを寄贈しました。この中には慶州金冠塚で発掘された金冠やイヤリングなど禁制装身具などがあります。これは日帝時、朝鮮総督府が公式発掘したものですが、どういうわけか一部を小倉が日本に持ってきたのです。
 
>>2-5あたりに続く

ソース:(韓国語) [取材後]略奪文化財を盗んだとすれば戻さなければならないのか?
http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2998029

関連スレ:【朝鮮日報】仏像を無償返還する豪、対価要求・返還拒否の国とは対照的[01/07]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1420592149/
【韓国】 仏像盗難で専門家「日本は韓国社会の反日感情理解すべき」「日本の強奪文化財にも戦略的接近を」★2[01/01]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1420119299/