ミサイル 軍事 

1
:2014/03/04(火) 22:00:59.23 ID:
3月4日 21時45分

韓国国防省は、北朝鮮が4日、ロケット弾とみられる7発を日本海に向けて発射したと発表し、韓国軍とアメリカ軍は、相次ぐ北朝鮮の軍事挑発に警戒を強めています。

韓国国防省は、午前6時ごろと午後5時ごろの2回に分けて、北朝鮮東海岸のウォンサンの付近から、ロケット弾とみられる、合わせて7発が日本海に向けて発射されたことを明らかにしました。

このうち、午後に発射された4発は新型の多連装ロケット砲によって発射されたものとみられ、150キロほど飛んで日本海に落ちたということです

韓国国防省の報道官は「米韓合同軍事演習に対して、露骨に武力による威嚇をしたものだ」と述べて、先月24日から始まった演習に対抗した挑発行為だとする見方を示すとともに、北朝鮮を強く非難しました。

北朝鮮は先月21日に多連装ロケット砲によるとみられる4発を発射したほか、27日と今月3日には短距離弾道ミサイルを発射するなど軍事挑発を続けています。

このため、韓国軍とアメリカ軍は、今後、北朝鮮がさらなる軍事挑発を行う可能性があるとみて警戒を強めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140304/k10015715901000.html