(イメージです。)
 
1::ID:???
女子7人制ラグビーのマーが餃子を食べる映像公開

 (前略)

 選手村での食事をレポートしているのは、7人制ラグビーの女子米国代表イロ―ナ・マー。Tシャツ姿で眼鏡をかけ、髪を結んでいる。食堂にいるようだ。右手にフォーク、左手では餃子1個をつまんでいる。「動画を撮っているの!」と付近の人に話しかけると、おもむろに餃子を口に運んだ。「ウン、ウン」と美味しそうに食べている。

 マーは実際の映像をTikTokに公開。文面には「これ、食事の度に食べてるわ」とつづった。動画内にも英語で「世界で一番おいしい餃子は、オリンピック選手村にある」とつづっている。

 すると海外ファンからは

「正直、あなたに嫉妬してしまう。だってそこの日本食はブームになってるみたいだから」
「そこの食事はすごく美味しいに違いないと分かった」
「それは、あなたの近所に美味しいお店がないから! 東京には餃子も、それ以外にも美味しいレストランがたくさんあるんだから。食べに行けるといいね」
「予想通り。色んな食べ物を楽しんで」「どの選手も食事を楽しんでいるようで良かった! 選手たちの投稿を見るの大好き」

とコメントが集まっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9e1cfb725213af08894eae3a99c414012f7b2de5



「日本のギョーザも金メダルを獲得」味の素が東京五輪代表選手を「食」でサポート
https://news.nifty.com/article/item/gourmet/12238-1175418/

東京2020オリンピックが盛り上がりを見せる中、選手村の食事にも注目が集まっています。
特に海外選手に人気なのが、ギョーザです。

■金メダリストにも好評

7人制ラグビーの女子米国代表イロナ・マー選手が、動画共有アプリ「TikTok」上に投稿した動画が話題になっています。

「I eat them for everymeal」(編集部訳:毎食これを食べているわ)とのコメントとともに投稿された動画には、マー選手が美味しそうにギョーザを手でつまんで食べる様子が映っています。動画には「TheBest Gyoza in the World is in the OlympicVillage」(編集部訳:世界一美味しいギョーザが選手村にあるわ)とのコメントも付いています。

選手村にギョーザを提供しているのは、JOCオフィシャルパートナーである味の素です。味の素冷凍食品の公式ツイッターは、この話題を取り上げた「THEANSWER」の記事を引用しながら、「日本全国の皆さーーーん!! 日本のギョーザも金メダルを獲得したようです」と反応しました(2021年7月29日)。

(後略)