(イメージです。)

1::ID:???
厚生労働省は30日に開いた厚生科学審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの公的接種の対象者を「原則40歳以上」とする案を了承した。公的接種で使用できるのは米ファイザーと米モデルナ製に続いて3例目となる。

アストラ製ワクチンは厚労省が5月に18歳以上を対象に薬事承認していた。接種後にごくまれに血栓が生じる事例が確認されていることから、公的接種での使用の判断を保留していた。

欧州各国でも薬事上は18歳以上を対象としつつ、国ごとに実際の接種対象は絞って対応している。英国は40歳以上、フランスは55歳以上などとしている。海外事例や、血栓症のリスクと接種による重症化予防などの効果を踏まえて、40歳以上とする案を了承した。27日以上の間隔をおいて2回接種する。

(後略)


日経
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA300OC0Q1A730C2000000/