(イメージです。)

1蚯蚓φ ★2021/07/23(金)11:06:16.52ID:CAP_USER.net
話題も多く落ち度も多い2020東京オリンピックが23日開幕する。今回の東京オリンピックは歴史上、奇異なオリンピックとして記録されるだろう。コロナ19のため、ほとんどの競技が無観客で行われる。オリンピックが世界の祭りから世界の心配事になったのだ。「神話の国」ギリシャで誕生したオリンピックが神の呪いを受けたように祝福されない姿だ。

今回の東京オリンピックはオリンピックのたびに出てくる言葉「オリンピックの呪い」を受けるようだ。日本でオリンピックの呪いはかつて1937年、中日戦争を勃発させた盧構橋事件に遡る。
(中略:盧構橋事件の説明)

日本は中日戦争を起こしながら閣議で1940年東京オリンピック開催権を国際オリンピック委員会(IOC)に返却すると決めた。自国が起こした侵略戦争を言い訳にしてオリンピックを放棄、返却した事例は東京が初めてであり唯一だ。日本が返却した1940年オリンピック開催権はフィンランド、ヘルシンキに渡った。
(中略:オリンピックと戦争)

日本は戦後19年ぶりの1964年、経済成長と国民統合のために東京オリンピックを開催した。このオリンピックで日本は伝統スポーツである柔道を正式種目として採択し、女子バレーボールが史上初めて金メダルを取得して世界スポーツ強国の威勢をふるった。

2020東京オリンピックはアベ首相の時、東日本大地震と原発爆発で沈滞に陥った日本国力を回復し、日本人の士気を振興するために3番目に誘致したオリンピックだ。しかし、2020東京オリンピックは昨年初めから世界をおおったコロナ19によって1年延期になった。1年ぶりに開くことになった今回のオリンピックは開かれるか、やめるかで激しい論争があり、多くの物議をかもすほかなかった。

世界の人々の健康まで脅かし、政治・経済的利益を重視してついにオリンピック開催を強行した日本当局とIOCは平和と和合の場になるべきオリンピックの意味を大きく毀損したという指摘を避けられない。

日本は東京オリンピック公式ホームページに韓国が実効支配している独島(ドクト、日本名:竹島)を自国領土と表示する挑発的態度を見せ、韓国選手団が選手村で選手たちの士気を高める目的で設置した李舜臣将軍の語録を模倣したスローガンをIOCを前面に出して排除するなど政治的行為をはばからなかった。

帝国主義時代、日本国旗として活用された旭日旗は競技場でそのまま使うようにしながらだ。このような矛盾した行為によって日本は多くのIOC会員国から非難を受けた。日本のオリンピックの呪いは日本自ら招いた点で注目に値する。オリンピックが天から本当に呪いを受けないために、日本とIOCが公正と配慮だけでも今回のオリンピックを正しく終えるよう望む。


キム・ハクス(スポーツ コラムニスト・スポーツ学博士)


ソース:天地日報(韓国語)[スポーツの中に]日本、‘オリンピックの呪い’から抜け出て出る道
http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=882732