(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2021/07/22(木)00:11:03.82ID:CAP_USER.net
【仁川聯合ニュース】

 韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は21日、日本訪問を終えて帰国した。仁川国際空港で報道陣に対し、日本との対話について「(東京)五輪が終われば、よりスピード感を持って進めていく」と述べた。

 崔氏は東京での森健良外務次官との会談について、「これまで(韓日)首脳会談を実現するために双方の外交当局が作った成果を基にさらに進展した結果を作ることで合意した」と説明。東京での新型コロナウイルスの感染が思ったより深刻だったことに言及しながら、東京五輪が成功するよう支援・支持するという立場の下、韓日と韓米日が多くの対話を交わしたと述べた。

 その上で、「とりあえずは東京五輪が成功裏に開催されるよう韓国政府が何を支援するのか、韓国選手の安全にとって何が重要なのかをよく考えてみる」と伝えた。

 崔氏は20日に訪日。韓日外務次官協議のほか、米国のシャーマン国務副長官を加えた韓米日外務次官協議も行った。

 在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が韓国メディアとの懇談で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓日関係改善に向けた努力を不適切な表現を用いて批判した問題については、「われわれの要求を(日本側に)さまざまな機会にはっきりと伝えたので見守る考えだ」と述べた。

 崔氏は23日に、シャーマン氏とソウルで韓米外務次官戦略対話を行う。


聯合ニュース 2021.07.21 20:09
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210721004600882?section=japan-relationship/index


崔鍾建次官(資料写真)=(聯合ニュース)