(イメージです。)
 
1::2021/03/29(月)12:20:41.48ID:TcniFPOA0●.net

大阪市立総合医療センター(同市都島区)の女性看護師(45)が余ったインフルエンザのワクチン液などを持ち帰り、自身の子ども3人に接種していたことが29日、分かった。

大阪市民病院機構が同日発表した。機構は看護師を同日付で停職3カ月の懲戒処分にした。看護師は「捨てるものなので、もったいないと思った」と話しているという。

機構によると、看護師は外来でインフルのワクチン接種を担当していた2019年12月ごろ、使用済みのワクチンの瓶から余ったワクチン液を集めて瓶2本にまとめ、注射器3本などと一緒に自宅に持ち帰り、自身の子ども3人に接種した。空き瓶や注射器は病院に持参し、医療廃棄物として廃棄した。医師の指示なくワクチンを接種するのは、医師法に抵触する恐れがあるという。

20年12月下旬に内部通報があり、発覚した。看護師は持ち帰りは1回だけと説明し、「関係者に多大な迷惑をかけた」と反省しているという。当時上司だった看護師は、持ち帰りに気付いていなかったが、機構は管理監督責任があったとして口頭注意を行った。


https://www.asahi.com/articles/ASP3Y3SQDP3YPTIL00G.html?iref=comtop_7_04