(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2021/03/18(木)01:05:36.20ID:CAP_USER.net
会社員のキムさん〔39、・京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンイン市)〕は、「中国産キムチを出している食堂に行ったらキムチは全く食べない」と述べた。キムさんは「ユーチューブで中国のキムチ工場という映像を見て、大きな衝撃を受けた」と述べた。

中国のキムチ工場の様子とされる映像がオンラインコミュニティやSNSなどで公開され、中国産キムチの消費者の不安が高まっている。同映像には裸の作業員が黄ばんだ水が入った槽に入り、素手で白菜をかき混ぜている。窪みに置かれた大根を別の作業員が足で踏んで歩く様子も映っている。漬かった白菜をさびた掘削機で運ぶ様子も見られる。このような映像が拡散し、中国産キムチを使う食堂を避けるか、またはキムチチゲ、キムチチムなどキムチが主材料の食堂を敬遠する人々が増えている。騒ぎが大きくなったことを受け、韓国政府は中国産白菜漬け安全強化対策を出した。

17日、韓国食品医薬品安全処(食薬処)は「最近問題となっている中国産白菜漬けについて、現地の生産段階から通関・流通段階にわたり安全管理を強化する」と述べた。

食薬処は、「中国産白菜漬けの非衛生的な製造環境問題に対する消費者の懸念を考慮した予防的措置」と説明した。

食薬処は、「通関段階で国内の基準・規格に適合する中国産白菜漬け・キムチのみ輸入を許可しており、12日から通関検査と保存料、食中毒菌検査など精密検査を強化している」とし、「既存の食品規定で定められている基準、規格に加えて、腸管出血性大腸菌など食中毒菌検査を追加で実施する」と説明した。国内基準・規格によると、キムチは鉛、カドミウム、タール色素、保存料、大腸菌群検査を、白菜漬けは細菌数、大腸菌群、大腸菌、タール色素、保存料の有無を検査する。

食薬処は、22日から消費者団体などと合同で、輸入されるキムチやニンニクのみじん切り、粉トウガラシなどの原材料を中心に流通段階別(保管倉庫、食材スーパー、卸・小売業者、飲食店など)の安全性検査を予告した。

しかし、現地生産段階に対する取り締まりには限界がある。食品医薬品安全処は、「中国側キムチなど韓国で食品を輸出する業者の作業場環境、製造設備、食品等の取扱い等の衛生管理を徹底してくれることを要請した」と説明した。


ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.03.17 14:10
https://s.japanese.joins.com/JArticle/276652


朝鮮漬け

【写真】論争になった中国産キムチ製造過程の映像

中国でキムチを作る過程を撮った映像だとして国内外オンライン掲示板に紹介されたもののキャプチャー写真。[写真 オンライン掲示板]