(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2021/03/05(金)21:39:37.74ID:CAP_USER.net


【ソウル聯合ニュース】

 韓国政府の中央防疫対策本部によると、新型コロナウイルスワクチン接種による副反応とみられる症状が5日午前0時までに新たに860件報告された。死亡1件と、強いアレルギー反応の「アナフィラキシー」のような症状が6件、けいれん1件を含む。2月26日に接種を開始して以降、副反応の報告は累計1578件、接種後の死者は6人にそれぞれ増えた。 

 5日午前0時までに累計22万5853人が接種を受け、そのうち0.70%で副反応が報告されたことになる。

 これまでの副反応のうち1558件は頭痛、発熱、吐き気など、予防接種後に一般的に現れる軽微なものだった。

 アナフィラキシーとみられる報告は累計13件となった。このうち、アナフィラキシーショックが1件で、残りの12件は「アナフィラキシーショック様反応」だった。呼吸困難やじんましんなどの症状が出るものの、治療で好転することが多いという。

 また、副反応としてけいれんが初めて報告された。

 中央防疫対策本部は現在、ワクチン接種後の死亡やアナフィラキシーなどの深刻なケースについて調査を進めている。疫学調査と被害調査の会合を開き、接種との因果関係を評価する予定だ。

 新たに副反応が報告された860件のうち856件は英アストラゼネカのワクチンで、残りの4件は米ファイザーのワクチンだった。ファイザー製はこれまでのところ、重い副反応は報告されていない。


朝鮮日報 記事元聯合ニュース 記事入力 : 2021/03/05 13:42
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/05/2021030580122.html


関連
【中央日報】韓国でアストラゼネカ製ワクチンを打った3人追加死亡…全員重症基礎疾患者 [3/5] [昆虫図鑑★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1614899636/