(イメージです。)
 
1::2021/03/01(月)18:38:58.89ID:35dBWZ4n0.net

韓国で突如浮上の「日韓海底トンネル」構想 日本不在で議論迷走

(前略)

 昨夏以降、長崎県西方の東シナ海では、韓国海洋警察の船が海洋調査中の海上保安庁の測量船に「警告」を出す事例が頻発している。(中略)日本を引き合いに出して求心力を高めるというお決まりのやり口だと考えられる。

 そうしたなか、突如浮上したのが「日韓海底トンネル」構想だ。これは、釜山と九州を海底トンネルで結び、鉄道などを走らせようというもの。総距離は200km以上に及び、世界最長の海底トンネル・青函トンネル4つ分に相当する壮大な計画である。

構想をぶち上げたのは保守系最大野党「国民の力」のトップ・金鍾仁氏らだ。(中略)

韓国情勢に詳しいジャーナリストの河鐘基氏が指摘する。

「この構想は4月に行なわれる釜山市長選の公約として野党側が出した地元への利益誘導策です。コスト感覚も現実味もない荒唐無稽な計画ですから、与党側も本来は公共事業として価値があるのかを冷静に批判すればいいのに、“日本を利する政策”だと親日バッシング(反日)の論法で反論を繰り返すだけ。そうしたほうが世論に訴える力が強いと判断しているからでしょう」

https://news.livedoor.com/article/detail/19760151/