韓国 クネ 
(イメージです。)


1
:2014/12/21(日) 22:25:33.11 ID:
 聯合ニュースは21日、韓国軍当局が2016年までに、大統領専用機にミサイル防御システムを導入することを決めたと、政府関係者の話として報じた。

 報道によると政府は今年10月、大韓航空との間で専用機として使うボーイング747-400型機の賃借契約を更新。20年まで使用する予定で、新たに敵からの赤外線誘導ミサイルをかく乱する「指向性赤外線妨害装置(DIRCM)」などを搭載するという。予算は約300億ウォン(約32億円)。

(共同)
http://www.sankei.com/world/news/141221/wor1412210021-n1.html