1:2014/12/22(月) 11:27:49.76 ID:
「韓国とFTA(自由貿易協定)を早く結びたい」と各国からのラブコールが相次いでいる。産業通商資源部によると、早期締結の意思を公式・非公式に伝えてきているのは、イスラエル、台湾、香港、マレーシアとエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、パナマ、エクアドルの中南米6カ国の計10カ国・地域にのぼる。米国、EU(欧州連合)に続き、今年に入って中国ともFTAを締結した韓国をグローバル通商大国と認定した結果だ。

産業通商資源部関係者は「韓中FTA妥結を契機にFTAを結びたいというラブコールがにわかに増えた。3大経済圏とFTAを締結した韓国の通商力を高く評価した表れだ」と語った。

FTAの貿易振興効果も作用している。例えば、韓国がEUとのFTAを活用して、イスラエルから輸入した製品を無関税ないし低率関税でEU製として代替輸入するや、イスラエルは韓国とのFTA締結を急ぐようになった。

以下ソース

ソース:東洋経済日報 2014/12/12
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/general/2014/post_6017.php
703bf9eb.jpg