(イメージです。)
 
1::ID:???
(金 愛:フリージャーナリスト)

 旧日本軍の元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏は、日帝時代の従軍慰安婦を「自発的売春婦」だと定義付けたジョン・マーク・ラムザイヤー・米ハーバード大学ロースクール教授の退陣を求める記者会見を2月17日に行った(参考記事「性.奴.隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国」「慰安婦は性.奴.隷ではないと理詰めで語る米論文の中身」)。この場では、慰安婦として強制連行されたという事実を証明するため国際司法裁判所(ICJ)に訴える、慰安婦被害者に代わって文在寅大統領が日本の謝罪を受けるべきだと涙ながらに語っている。

 李容洙氏については、2020年5月に尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯(正義連)前理事長が、李容洙氏は慰安婦被害者ではなかったことを匂わす発言を出した。「真正性」と「信頼性」に対する疑惑を解消することなく、一方的に「被害者性」を訴えている李容洙氏には、自称“慰安婦被害者”という批判も上がっている。

 (中略)

同士だった正義連の不正を暴いた李容洙氏

 (中略)

「拉致」や「強制連行」ではなく「誘惑に負けた」説

 (中略)

 韓国で慰安婦問題が提起された直後の1992年8月15日、李容洙氏は最初に慰安婦だったと名乗り出た金学順氏と一緒に、KBSの生放送番組「私は女子挺身隊、民族受難の痛みを乗り越えて」に出演した。

 番組のなかで李氏は「16歳のとき、ぼろを着て食べることもできなかったが、日本人がワンピース1着と靴1足を持ってきてくれた」「それを差し出して『行こう』と言ったのでついて行った」と話した。司会者が「だまされたのか」と再度尋ねると、李容洙氏は再度「日本軍の強制連行ではなかった」と述べた。「拉致」や「強制連行」ではなく誘惑に負けたのである。

 この証言は、正義連の前身である挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)が発刊した「証言集-強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち(1993、ハンウル)」でも確認できる。「家出状態だった李容洙氏が川辺で若い日本人男性がくれたワンピースや革靴を見て虜になり、ついて行った」と掲載されている。 

 ところが「強制連行ではない」という証言はその後、覆された。2007年の米国議会と2018年のフランス議会で行なった「証言」で、「強制連行の現場に軍人がいた」「背中に刃物を刺されて連行された」と発言したのだ。

 (中略)

 複数のマスコミ報道や資料を総合すると、李氏は1944年10月、14歳のとき、旧日本軍の慰安婦募集に応じて翌年1月から台湾・新竹(HSINCHU)空軍基地近くの慰安所で、7~10カ月の間、日本軍慰安婦生活を送ったようだ。しかし、李氏はあるメディアのインタビューで3年間の慰安婦生活を送ったと話している。また、一日に相手にした日本軍人も5人から最大70人に増えるなど「供述の一貫性」は見られない。

李容洙氏の言葉を今も崇めている韓国社会

 韓国の歴史家で慰安婦問題の実態解明に取り組んでいる国史教科研究所のキム・ビョンホン所長は「李容洙氏は『日本軍慰安婦被害者』ではないにもかかわらず、これまで慰安婦法による各種支援や恩恵を享受してきた不正受給者であり、犯罪者だ」とメディアのインタビューで指摘した。 

 李容洙氏は疑惑について沈黙を続けており、韓国世論が反証することはない。

 韓国社会は30年余りの間、「慰安婦被害者」としてスポットライトを浴び、文在寅大統領から手を差し伸べられてきた李容洙氏の発言を神の言葉のように崇めている。


全文はソースで
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64163