(イメージです。)
 
1ろこもこ ★2021/02/17(水)21:06:12.71ID:CAP_USER.net
https://www.recordchina.co.jp/b872154-s25-c100-d0195.html


2021年2月16日、韓国メディア・韓国日報は「ASEAN(東南アジア諸国連合)における韓国の影響力は1%にも満たない」と題した記事を掲載した。

記事によると、シンガポールのシンクタンク、ISEASユソフ・イサーク研究所がこのほど、ASEAN加盟国を対象とした調査結果をまとめた報告書を発表した。今回初めて韓国の経済的、政治的影響力を調査したところ、どちらも1%未満(それぞれ0.6%、0.3%)と集計されたという。また、「新型コロナウイルス感染症問題を支援する対話パートナー」「米中対立の中におけるASEANのパートナー」「最も好きな旅行先」を尋ねる質問で、「韓国」との回答率はそれぞれ5.4%、3.2%、4.7%だったという。記事は「ASEANにおける韓国の地位は微々として振るわない」と評している。

報告書は、日本については「最も信頼できる強大国」(67.1%)「最も好きな旅行先」(30.2%)で1位に選ばれていると紹介。「米中の対立でASEANが直面している潜在的リーダーシップの空白を、ソフトパワーの強い日本は埋めることができる」とも評している。


この記事に、韓国のネットユーザーからは

「親日国シンガポールのシンクタンクの言うことなどどうでもいい」
「日本が潜在的リーダーシップの空白を埋める?。根拠は何だ?」
「日本はかつて米国を脅かした経済大国だが、韓国は韓流と経済成長で、今ようやく東南アジアに名刺を配っているようなものだ。日本より信頼度や影響力が劣るのも当然だよ」
「今回初めての調査だったんでしょ。これからだよ。韓国、ファイト」
「東南アジアで日本が高く評価されているのは事実だ。韓国は少し彼らを低く見ているところがあって、イメージが悪いのも事実。でも、日本の影響力はだんだん弱まっている。韓流に乗って韓国のイメージは良くなっている。これからが重要だよ」

などの声が寄せられている。


(翻訳・編集/麻江)