ねずみ 動物 
(イメージです。)


1
:2014/12/20(土) 01:42:39.42 ID:
 「ドン!」――。大きな音が響いた。窓が枠ごと吹き飛んだ。窓の外にあった鉄格子も落下した。建物が震動した。マンション2階の1室だ。爆発元の厨房では、天井板がほぼすべてはずれて落ちた。ネズミがガス管をかじり、調理の火が漏れたガスに引火したと見られている。四川新聞網などが、同省広元市で17日に発生したガス爆発事故を報じた。

 Qさんはすでに高齢で、夫は病気で入院中だ。息子は付き添っている。家にいるのはひとりだけだった。午前7時ごろに起き、朝食を作ろうと思った。厨房に行き、ガスコンロに点火した。

 とたんに「ドン!」という大音響が轟(とどろ)いた。“空気の壁”がQさんを突き倒した。天井板がQさんの上に落ちてきた。

 窓が枠ごと、建物外に吹き飛んでいった。窓の外の鉄格子も落ちた。砕けたガラスが飛び散った。台所内のあれやこれやが建物外に飛んで行った。野菜が弧を描いて飛んだ。建物から約10メートル離れた場所に着地した。ビニール袋などは急速に建物外に押し出されてから、ゆっくりと落ちて、木の枝に引っかかった。

 台所の天井板は、ほぼすべて落ちた。照明器具も破壊されて落下した。部品の一部はコードの下に垂れ下がった。

 同マンションの隣人によると、強烈な音が響き、その後に建物が強く揺れた。いったん建物外に出て状況を確認し、急いで警察に通報したという。消防とガス会社職員も現場に急行した。

 爆発にともない、厨房内の一部の物が燃え始めたが、通報した住人がホースを引いて中に水をかけて、消防などが到着する前に消し止めた。Qさんはドアの変形などで外に出られなくなっており、ベランダ側から消防が救出した。

 ガス会社職員が確認したところ、ゴム製のガス管にかじり取られたような穴があった。Qさんによると、数日前から家の中で大きなネズミを見かけるようになったという。そのため、ネズミがガス管をかじって穴をあけたとみられている。

 朝食を作ろうとした際に「ガスか石油のような臭い」を感じたが、まさかガス漏れとは思わなかったという。

 爆発を起こした部屋の周囲に、多くの住人が集まってきた。消防士が人々に、「ガス漏れを感じた場合には火の気を避ける」、「窓やドアを開けるなどで換気する」、「通報する」など、ガス使用についての安全知識の基礎を改めて説明して、注意を促した。

 作業が一段落して警察や消防は引き上げることになった。Qさんの息子はまだ病院から戻れないため、隣人の家にしばらくいてもらうことになった。同爆発でけが人の発生は伝えられていない。

ソース(Yahoo・サーチナ) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000165-scn-cn