(イメージです。)

1昆虫図鑑 ★2021/02/04(木)07:49:21.79ID:CAP_USER.net
 次期米上院外交委員長である米民主党のロバート・メネンデス上院議員は1日(現地時間)、本紙とのオンライン・インタビューで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月26日、中国の習近平国家主席との電話会談で「中国共産党創立100周年を心からお祝いする」と述べたことについて、「失望した(discouraging)し、心配になる(concerning)」「中国が香港の人々にしたことや、台湾に加えている脅威などは、本当に懸念される。(中国共産党の)そのような歴史を大いに喜ぶことに何があるのか、私はよく分からない」と述べた。

 同議員はまた、中国が人工知能(AI)や顔認識などの最先端技術を動員した「デジタル全体主義」を「自国だけでなく、世界のほかの国でも促進している」と言った。そして、「文大統領は習近平を喜ばせる(flatter)ためにそんなことを言ったかもしれないが、それ(中国共産党の価値)は結局は我々が世界や韓国と共有する価値ではないという点を理解していることを願う」「こんなことをしようと思って、我々は共に血を流して韓国の防衛と韓半島(朝鮮半島)非核化のために資源を投入し続けたわけではない」と語った。

 同議員は「米国は、韓国が中国に対抗して、絶対に米国側につかなければならないとお願いしているわけではない」「破壊的な(6・25)戦争(朝鮮戦争)の後、韓国を強い国、信じがたいほどの経済的な虎にしたその原則を擁護してほしいとお願いしているのだ」と言った。そう言った上で、「これは米中間の対決で韓国が米国の側につくという問題ではなく、我々が共有している民主主義・自由市場・法治・反腐敗・紛争の平和外交的な解決・人権といった価値を守るための問題だ」「我々が知っている韓国人たちは常に民主主義を愛し、人権を順守し、国際秩序・法治・公平でオープンな貿易市場を信じていた」「中国が南シナ海でやっていることを見れば、韓国が歴史のどちらの側につきたいと思っているか分かるだろう」と述べた。

(中略)

 さらに、慰安婦賠償判決などで悪化した韓日関係に関しては、「先日、(李秀赫〈イ・スヒョク〉駐米)韓国大使も言ったが、韓国が日本と対話することは非常に重要だ」と語った。そして、「慰安婦問題の深い傷は理解している」と言いながらも、「北朝鮮と中国の両方を抑止するため、米国・日本・韓国との間の戦略的協力は非常に重要だ」と強調した。

 最後に、イランが先月、韓国の化学物質運搬船「韓国ケミ号」を拿捕(だほ)し、国内の銀行に凍結されている約70億ドル(約7350億円)の返還を要求していることに関して、同議員は「韓国は引き続きイランに対する国際制裁義務を守らなければならないと信じている」と答えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/04/2021020480001.html