(イメージです。)
 
1::2021/02/02(火)21:32:47.51ID:ZAABLsvq0●.net

危機の双竜自、協力会社との代金決済問題で再び平沢工場稼働停止
2021/02/02 20:33 朝鮮日報日本語版

深刻な流動性危機に直面している双竜自動車が、協力会社に対して未決済代金を支払えず、工場を稼働させては停止するということを繰り返している。

関連業界が2日に明らかにしたところによると、双竜自動車平沢工場の組み立てラインは、部品メーカーや協力会社が未決済代金の支払いを求めて部品供給を中断しているため、稼働と停止を繰り返している。双竜自の関係者は「工場稼働が完全に止まったわけではなく、部品が円滑に供給されていないため、部品が入り次第ラインを稼働させている」と説明した。

双竜自の協力会社による非常対策委員会は先月28日、双竜自との懇談会で、話し合いの末に双竜時の正常稼働に向けたPプラン(事前再生計画制度)への突入に同意し、部品の納品も続けることにした。ただし、協力会社16社が代表で参加している非常対策委の決定に、一部の大手部品メーカーと零細業者が反発し、部品納品を拒否しているという。

双竜自の平沢工場は昨年12月21日、同社が企業再生の手続き(日本の会社更生法適用に相当)を申請した直後、大手部品メーカーが現金決済を要求して部品納品を中断したため、稼働を2日間停止していた。双竜自の非常対策委員会はこの日、約350社の協力会社を対象に、Pプランへの賛同を求める文書を発送し、非常対策会議を開いて双竜自の工場稼働再開に向けて納品を再開するよう要請する予定だ。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/02/2021020280250.html

サンヨン自動車のXLV