裁判 司法 
(イメージです。)


1
:2014/12/18(木) 21:30:56.25 ID:

 覚せい剤取締法違反事件の控訴審判決で、札幌高裁は18日、北海道警による違法捜査を認め、札幌市の被告の女(26)に無罪を言い渡した一審札幌地裁判決を「尿の鑑定書など検察側の証拠を採用しなかった訴訟手続きは違法」として破棄し、審理を差し戻した。

 被告は、昨年5月に札幌市中央区で覚醒剤を所持したり、使用したりしたとして起訴された。

 8月25日の地裁判決は、強制採尿するため、令状が取れるまで道警捜査員が被告の意思に反してパトカー内に留め置いた行為を「実質的な逮捕に当たり、違法」と認定。「違法捜査と密接に関連する証拠を許容すれば将来の違法捜査を抑制できない」として、覚醒剤の成分が検出された尿の鑑定書など検察側の申請証拠を採用しなかった。

「検察の証拠を採用しなかったのは違法」 覚せい剤取締法違反事件で札幌高裁が差し戻し

http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180019-n1.html

=管理人補足=
元スレタイ;
地裁「覚せい剤検出したけど違法捜査なので認めない。よって無罪」 ← 高裁「バカか?審理やりなおせ」