(イメージです。)
 
1::2021/01/30(土)08:00:22.83ID:YXxlGMLN0●.net

 陸上自衛隊第15旅団は29日、新型コロナウイルスの感染が拡大している宮古島市の医療支援のため、看護官5人を含めた隊員15人の派遣を決めた。15人は同日午後5時20分に民間機で那覇空港を出発した。玉城デニー知事の災害派遣要請を受けたもので、派遣期間は13日までの予定。

15旅団が新型コロナ対策の支援で隊員を派遣するのは3回目。昨年4月に県職員の指導、同8月に県内3カ所の病院で医療支援を行っている。離島への医療支援は初めて。

 看護官は那覇駐屯地の3人、宮古駐屯地の2人の計5人。29日に宮古島駐屯地に移動し、30日に支援が必要な医療機関との調整を経て31日から現場に入る。派遣期間中は感染防止のため民間のホテルに滞在する。派遣された残りの隊員は調整や広報を担当する。15人は出発前に検査を受け、全員の陰性を確認している。

 29日午後4時すぎに那覇空港に到着した隊員は搭乗手続きや手荷物検査を済ませ、第15後方支援隊の伊高賢隊長が「大事なことは2つ。1つは宮古の医療支援、もう1つは自らが感染しないこと」と激励した。

 岸信夫防衛相は29日、防衛省で会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で医療体制が逼迫する宮古島に対し、陸上自衛隊の看護官ら5人を派遣すると明らかにした。31日から2週間、市内の医療機関で看護業務などに当たる。

 玉城デニー知事は29日の記者会見で、宮古島で新型コロナが急拡大していることを受け、陸自に看護官5人を派遣するよう災害派遣要請すると発表していた。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/699981