(イメージです。)

1::2021/01/23(土)13:29:49.30ID:xHrn75g30.netPLT(12015)

 日本の南に停滞する前線や低気圧などの影響で、関東甲信地方では、23日の昼前から雨や雪が降り出し、同日夕から24日にかけて、平野部も含め、広い範囲で大雪となる見通しだ。気象庁は交通障害などに警戒を呼びかけている。

 同庁によると、24日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、甲信地方・関東北部の山沿いで20センチ、関東北部の平野部で10センチ、関東南部の平野部・東京23区で5センチなどと予想されている。

 雪はその後も降り続くとみられ、25日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、甲信地方で20~40センチ、関東南部の平野部・東京23区で1~5センチなどと予想されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f967623110970b820d3af6be1d91f48efaacbfa3