サムスン 
(イメージです。)


1
:2014/12/17(水) 11:18:56.68 ID:
韓国株価KOSPI(韓国総合株価指数)が取引中に1900ラインを割るなか、外国人の売り越しの半分近くがサムスン電子に集中していたことが分かった。

16日、韓国取引所によると、外国人は今月10日から15日(午後3時基準)までの4取引日連続で売り越しの動きをみせた。この期間における外国人の売り越し規模は合計1兆3906億ウォン(約1494億円)だ。

同じ期間、外国人が最も多く売り越しに転じた種目を調べると、1位と3位にそれぞれサムスン電子普通株とサムスン電子優先株が入っていた。外国人は最近4日間、サムスン電子普通株(5823億ウォン)とサムスン電子優先株(103億ウォン)を売り越した。この期間、外国人の売り越し金額のうち、およそ半分(49.3%)がサムスン電子株式に集中したのだ。

先週(8~12日)にもこのような売り傾向は続いた。外国人投資者などは、先週一週間の有価証券市場で7483億ウォンを売り越し、このうち3397億ウォン規模のサムスン電子普通株を集中的に売り越した。これは全体の売り越し金額の半分である45%に該当する。

ソース:中央日報 2014年12月16日18時01分
http://japanese.joins.com/article/113/194113.html?servcode=300§code=310