Image by Gerd Altmann from Pixabay

(イメージです。)
 
1影のたけし軍団 ★2021/01/15(金)15:28:41.86ID:WF+0HRSy9.net
<感染当初の症状の程度とは関係なく、長期の後遺症になる可能性がある>

新型コロナウイルスの症状が長期間続く後遺症について、イギリス国内で1日あたり新たに4000人以上が後遺症になっているというデータを下院議員が明らかにした。

英自由民主党のレイラ・モラン下院議員は「イギリスでは30万人、全世界では700万人が新型コロナの後遺症に苦しんでいると見られる。医学雑誌ランセットの新たな研究によると、入院患者の半分以上が半年後以降も継続して症状を示している。

また英国家統計局の推計によると、全ての感染者の1割以上が3カ月後以降も症状を示している」と話している。

(中略)

NHSは「後遺症が残る確率は、最初に感染した時の症状の程度とは関係ないと見られる。
最初の症状が軽くても後遺症になる可能性がある」としている。

後遺症の症状はさまざま

後遺症の主な症状は、疲労・倦怠感、息切れ、胸痛・胸部圧迫感、記憶力・集中力の低下、睡眠障害、動悸、めまい、関節痛、うつ・不安感、吐き気、下痢、胃痛・食欲減退など。

(中略)国家統計局が2020年11月に実施した調査では、陽性患者の5人に1人が5週間以上の症状を、10人に1人が12週間以上の症状を示している。推計で18万6000人が5~12週続く後遺症に苦しんでいる」という。


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/01/14000-1.php